株式会社ツイン・ビー 賃貸事業部
10:00〜18:30
日・祝祭日

賃貸経営上の7つのリスクとは?


undefined

賃貸経営上には家賃の下落や長期の空室、家賃の滞納など様々なリスクがあります。その対策を講じるには、まずはリスクを体系的に理解して、絡まった糸を解きほぐすことが必要です。


賃貸経営上の7つのリスクとは?

賃貸経営をしていると、家賃の滞納があったり、空室が長期間埋まらなかったりといろいろなことが起こります。

プロパティマネジメントは『物件の収益の最大化』が使命なので、収益を圧迫するさまざまなリスクに対応しなければなりません。

賃貸経営上のリスクを体系的に捉えると、以下のような7つのリスクがあります。



【賃貸経営上の7つのリスク】


1.空室リスク

2.賃料下落リスク

3.滞納(未回収損)リスク

4.運営費(修繕費)の増加リスク

5.災害(天災地変)リスク

6.事件・事故リスク

7.立ち退き料リスク


意外とたくさんリスクがあるんだなぁ。と思われたのではないでしょうか?

あなたが一番気になるのは、やはり『空室リスク』『賃料下落リスク』の二つですよね?


一番の関心事はやっぱり空室対策なのですが、3-7のリスクも重要です。保険や保証などである程度リスク回避することができます。

更に、それぞれのリスクは単独で発生するのではなく絡み合って同時に発生します。


例えば、


賃貸マンション内で死亡事件があったりすると、いわゆる『事故物件』となり、賃料を大幅に下げないと決まらなくなります(『賃料下落リスク』)

また、風評被害で別の部屋が退去してしまう『空室リスク』も増大します。そして、部屋の改修をする為の修繕費も掛かります。

こんな例はあって欲しくないものですが、『賃料下落リスク』と『空室リスク』は常にセットです。


賃料下落は、市場の変化によって大きく変わります。去年まではすぐに決まっていたのに、なぜ今年はこんなに長く空いてしまうの?

こんな経験をあなたもしたことがないですか?


鹿児島では、昨年からマイナス金利と相続対策の2つの要因で、新築賃貸マンションの供給ラッシュが続いています。

市内中心部に1LDKの賃貸マンションがかなり増えました。

その状況を知った上で、空室対策を行うのと、知らずに行うのとでは当然打つ手は変わってきます。


空室リスクと賃料下落リスクの記事をまとめてみましたので、よかったらこちらも読んでみてください。


1.空室リスクに関する記事はこちら

  『空室対策の為のリフォーム予算の組み方は?』

  『繁忙期に空室が埋まらなかったオーナーさんがすべきこと』

  『空室対策に効果的なペルソナマーケティングって?』

         『空室期間を短縮させる魔法の薬』


2.賃料下落リスクに関する記事はこちら

  『賃貸マンションの賃料の下落率はどのくらい?』

この記事を書いた人
田中 祐介 タナカ ユウスケ
田中 祐介
分譲マンション販売営業5年、賃貸管理10年、賃貸仲介3年、18年の不動産業界で培った知識と経験が、出会ったお客様の役に立てることを何よりも嬉しく思います。
store

会社概要

株式会社ツイン・ビー 賃貸事業部
view_list

賃貸経営管理 記事一覧

arrow_upward