株式会社ツイン・ビー 賃貸事業部
10:00〜18:30
日・祝祭日

賃貸管理とプロパティマネジメントの違いとは?

undefined

従来型の賃貸管理とプロパティマネジメントの一番の違いを説明しています。

予実管理って何だ?

一般的な賃貸管理と賃貸経営管理(プロパティマネジメント)の一番の違いを端的にいうと『予実管理』をするか、しないかの一言に尽きます。

会社を経営する上では、当たり前のことで、どんな会社でも年度当初に『予算』を組みますよね。そして、その予算に対して『実績』がどうだったかを毎月、そして半期ごとに検証すると思います。

 

そうです。
『予算』と『実績』の頭文字二つをとってそれを管理するから『予実管理』です。(そんなの当たり前だよ...と思っているオーナーさん、すみません)

 

予実管理をするから、「今月は、予算を達成できた!」とか「今月は、予算をショートしたから来月は今月分もカバーしないと...」ってなりますよね?予算比・前年対比という比較もすると思います。

 

 

地図とコンパスをもって正しい目的地へ

 『事業』を行うからには、この『予実管理』は絶対になくてはなりません。予実管理しないということは、船出する時に地図とコンパスを持たずに出発するようなものです。

 

地図(予算)を持っていなければ、そもそも目的地(利益)が分かりませんし、途中で軌道修正しようにも、コンパス(実績)がないので、正しい方向に向いたかどうかも分かりません。

 

賃貸マンション運営も立派な事業です。賃貸住宅という商品(サービス)を提供して、入居者というお客様から家賃という対価をいただく事業です。

 

「5棟10室」という言葉をご存知でしょうか?
すでに賃貸経営をされているあなたは、当然知っていると思いますが税務上でも、戸建てを5棟もしくはマンションなどを10室以上運営しているオーナーさんは、「事業的規模」として認められるのです。(事業的規模と認められると、青色申告をすることができ、色々と控除を受けることが可能になります。)

 

賃貸マンション運営という事業を行うのに、『予実管理』をしていますか?賃貸管理会社は『予実管理』をしてくれてますか?プロパティマネジメントは、予実管理が大前提です。

 

プロパティマネジメントの使命

 なぜなら、プロパティマネジメントの使命は「物件の収益を最大化させること」だからです。当たり前ですが、収益(利益)を最大化させる為には、過去の売上がいくらだったか?経費がいくらだったか?そして、利益がいくら残ったか?計測して数値化されていなければ、最大化以前に改善もできません。

 

あなた自身が、確定申告をして初めて「全然利益が残ってないじゃないか!」なんてことにならないように、地図とコンパス(『予実管理』)をもったプロパティマネジメント会社が、あなたの賃貸マンション事業の舵取りを担う。それこそが、一般的な賃貸管理とプロパティマネジメントの一番の違いです。

この記事を書いた人
田中 祐介 タナカ ユウスケ
田中 祐介
空室率が年々上昇する鹿児島市の賃貸不動産事業では、事業者(オーナー)の「経営力」の差が空室率に直結する時代が訪れました。長年に渡って培った賃貸経営管理(プロパティマネジメント)の知識と経験で全力でオーナーの経営のサポートをいたします。
store

会社概要

株式会社ツイン・ビー 賃貸事業部
view_list

賃貸経営管理 記事一覧

arrow_upward