株式会社ツイン・ビー 賃貸事業部
10:00〜18:30
日・祝祭日

一人暮らし、初心者必見!初期費用っていくらかかるの?


undefined

賃貸の契約時に必要な初期費用について説明しています。

分かりにくい初期費用の内訳

賃貸マンションを借りる為には、色々な初期費用が掛かります。初めてお部屋を借りる方にとってはそれが一体何の費用なのか分からないですよね?

 

いろいろ出てくる項目について「こんなことを質問してもいいのかな?」とか、「素人丸出しで行ったら、丸め込まれそう。」という不安もいっぱいだと思います。不動産会社って、『悪徳不動産屋』という言葉に代表されるように「なんか怖そう」「なんかだまされそう」というイメージがありますしね。

 

なので、賃貸マンションを借りる時に係る初期費用の基本的なところは、事前に理解しておくほうが担当者への確認や相談もスムーズに進みます。

 

賃貸マンションの契約の際にかかるお金は、大きく6つに分かれています。

 

1.一番大きな割合を占める敷金

「敷金」とは、家賃を滞納したり、部屋を異常に汚したり、壊したりした場合の修理費に充当するための担保として家主に預けるお金です。預けたお金なので、退去した時に家賃の未納や修繕費がなければ、原則的には返してもらえるお金です。

 

通常、家賃の「〇ヵ月分」という表記しています。家賃5万円で敷金2ヵ月分なら10万円ということになります。物件によってですが、1~3ヶ月の範囲で設定されています。

 

鹿児島では、シングル向け(ワンルーム・1K)で0~1ヶ月・カップル向け(1LDK・2DK)で1~2ヶ月、ファミリー向けで2~3ヶ月が相場です。

 

2.敷金の変わりになっている賃貸保証料

賃貸借契約とは別に、賃貸保証会社と賃貸保証委託契約という契約を締結するのが一般的になっています。この賃貸保証委託契約というのは、家賃の支払が遅れてしまった場合に、賃貸保証会社が家主さんに立替払いをする仕組みになります。

 

金額的には、毎月支払う額の合計(家賃・共益費・駐車料など)の50%程度となります。家賃50,000円共益費3,000円の物件だったら、保証料は26,500円ですね。

 

3.入居をスタートする月の家賃「前家賃」

家賃の支払は全て前払いです。賃貸借契約で「翌月分を前月の〇〇日までに支払う。」と明記されています。なので、契約する時には、初月の家賃を契約金の一部として一緒に支払います。

 

ポータルサイトとかに、「フリーレント1ヶ月分」と書いてある物件があったりしますが、それはこの前家賃をサービスしますよ!という意味なんですよ。

 

4.仲介不動産会社への報酬・仲介手数料

仲介をしてくれた不動産会社へ支払う報酬です。宅地建物取引業法という法律によって定められた金額で家賃の1ヶ月分が上限とされています。そもそも不動産屋さんの仕事(宅地建物取引業)は、免許業といって免許がないと仕事ができません。

 

素人同士で高額な宅地や建物の取引をすると「こんなはずじゃなかった。」とトラブルになるので、免許をもったプロが物件をちゃんと調査して、そして借主と家主の橋渡しをして、安全に取引ができるようにすることへの報酬です。

 

ただ、最近は需要と供給のバランスが崩れてきて、この仲介手数料を家主さんが負担することで仲介手数料がいらないという物件も出てきています。

 

5.必ず掛けなければならない家財保険料

お部屋は借りるものなので、もし火事を起こしてしまったら家主さんへ多額の賠償をしなければなりません。なので、多額の賠償を回避する為に家財保険は必ず掛けなければいけません。

 

今の賃貸用の保険は、総合保険タイプになっていて、火事を起こしてしまった時以外にも色々な保障がついています。

 

金額的には2年間の契約の場合、シングル向けで15,000円~20,000円、カップル向けで20,000円~25,000円、ファミリー向けで25,000円~30,000円というところです。

 

6.鍵シリンダー交換費用

前の入居者と同じ鍵だと当然不安ですよね?なので、入居前に鍵のシリンダー毎交換をして新しい鍵を受け取るための費用です。

10年ほど前までの慣例では、退去をした時にシリンダー交換をしてもらう契約になっていましたが、他人の為になんで鍵を交換しないといけないの?という流れができ、防犯意識の高まりもあって、入居をする時に自分の為に鍵交換をする流れに変わったという背景があります。

 

金額的には、10,000円~18,000円程度です。鍵の防犯性の高さによって費用が異なります。ダブルシリンダーだと2万円を超えます。

 

ま と め

このように、1~6を合計した金額が契約をする時に必要になります。これを「契約金」と言います。例えば、シングル向けで家賃5万円、敷金2ヵ月分の物件なら、

 

敷   金 2ヶ月分
前家賃 1ヶ月分
仲介料 1ヶ月分
保証料 0.5ヵ月分
鍵保険 0.5ヵ月分
合   計 5ヵ月分

 

5ヵ月分×5万円=約25万円という概算費用が出せます。ポータルサイトで敷金の額は確認できますので、上の表を使えばおおよその予算が組めます。

 

1-6までの項目の内容と、だいたい家賃の3ヵ月分~5ヵ月分が必要なんだと理解しておいてくださいね。そうすれば、お部屋の内見をしてすごく気に入ったのに、そもそも初期費用が予算オーバーだったなんて、時間的なロスをしなくて済みますよ。

この記事を書いた人
田中 祐介 タナカ ユウスケ
田中 祐介
分譲マンション販売営業5年、賃貸管理10年、賃貸仲介3年、18年の不動産業界で培った知識と経験が、出会ったお客様の役に立てることを何よりも嬉しく思います。
store

会社概要

株式会社ツイン・ビー 賃貸事業部
view_list

HOW TO 部屋探し 記事一覧

arrow_upward