株式会社ツイン・ビー 賃貸事業部
10:00〜18:30
日・祝祭日

賃貸物件を選ぶのに重視するのは何?


undefined

賃貸管理の仕事では空室対策で、最新の設備の導入をオーナーに提案することが多いですが、本当に入居者さんはその設備を望んでいるのでしょうか?アンケート結果から意外なものが見えてきます。

賃貸物件を選ぶのに重視するのは何?

1位  最寄駅からの時間 16.8%
2位  通勤・通学時間 15.8%
3位  間取りプラン(部屋の配置) 15.2%

4位  生活利便性の良いエリア(商業、公共、医療施設など) 12.9%

5位  住戸の広さ(専有面積) 11.0%

6位  防音性、騒音で問題が起こりにくいこと 8.4%

7位  周辺環境の良いエリア(街並み、公園、自然など) 5.5%

8位  住戸の設備・仕様 3.5%

9位  耐震性 2.9%

10位 セキュリティ 2.6%


賃貸ポータルサイト『SUUMO』(東京版)にこんなランキングが載っていました!

SUUMOランキングページはこちら

http://suumo.jp/article/oyakudachi/oyaku/chintai/fr_data/fr-rank13_14/


特徴的なのは、1位も2位も『時間』に関することなんですね。

4位の生活利便性の良いエリアもある意味『時間』だとすると、、、


16.8%+15.8%+12.9%=45.5%


なんと、半数近くの人が、『時間を有効利用したい』と思っていることに!


今の賃貸のターゲット層(18歳-38歳)の皆さんは忙しいのですね。

僕も20代の頃、東京で暮らしていましたが、通勤1時間は当たり前の毎日でしたから、2人に1人が時間の優先順位が高いのも分かる気がします。


重要度が意外と低い『住戸の設備・仕様』

僕が気になったのは『住戸の設備・仕様』の順位が8位と想像以上に低かったことです。

各種ポータルサイトでは、設備にチェックを入れるところがたくさんあってそれをチェックされるだけで、検索画面にすら出てこなくなる物件がたくさんあるのに、その設備の重視度は8位なんて。。。


空室対策で物件の家賃を下げずに良い商品にする為に、色々な設備追加の提案をしている僕らとしては、なんだか悲しい結果に見えます。

鹿児島では、桜島の灰が降るのもあって室内物干しが重宝されたりします。

(これは、ポータルサイトの設備欄にはないですね・・)

皆さん何となく「あったらいいな」ってことで、設備にチェックをいれてるんでしょうか?



このアンケートの結果を見ると、不動産(動かない資産)の本質は、やっぱり立地・環境・箱(間取)なんですね。

でも、仲介会社の方へ物件が成約に至らない理由を聞くと「この設備がない・あの設備がない」という話ばかりが出ます。


何かの本で「ニーズを顧客に聞いているようではだめだ。」的な話がありました。

既に顕在化しているニーズは顧客にとって当たり前なので、顧客が認識していない潜在的なニーズを見つけないと今は儲からないという内容だったと思います。


iフォンが一番分かりやすい事例ですね。

使ってみて、初めてスゲー!って思いますが、一般の消費者はこういうのが欲しいなんて思わないですよね?


潜在化しているお客さんのニーズを現実化する。

そんなアイデアは僕にはありませんが、不動産はひとつひとつが違うという面白さがあります。

必ず、どんな不動産にもぴったりなお客さんがいるはずです。


最新の設備ばかりに振り回されず、その不動産が持っている本質的な魅力をしっかりと見極めて、その魅力を感じてくれるお客さんに提供することが大切なんじゃないかと改めて思いました。


この記事を書いた人
田中 祐介 タナカ ユウスケ
田中 祐介
分譲マンション販売営業5年、賃貸管理10年、賃貸仲介3年、18年の不動産業界で培った知識と経験が、出会ったお客様の役に立てることを何よりも嬉しく思います。
store

会社概要

株式会社ツイン・ビー 賃貸事業部
view_list

賃貸経営管理 記事一覧

arrow_upward