株式会社ツイン・ビー 賃貸事業部
10:00〜18:30
日・祝祭日
2016年10月07日
空室対策

空室対策の手法

11月より管理受託した物件の近隣には、新築マンションが完成後未入居のままとなっている物件が

4棟もあります。鹿児島市は、今も新築マンションの供給ラッシュが続いています。

 

新築マンションが競争相手なのですから、しっかりした空室対策を取らないといけません。

一言に空室対策と言いますが、その手法はいろいろあるのではないでしょうか?

当たり前のことかもしれませんが、一度整理してみることにしました。

 

空室対策の種類


1.物件力をつける(リフォームなど)

2.世の中に知ってもらう(広告活動)

3.魅力的な賃貸条件をつける(オファー)

4.適正な家賃の設定を行う(市場調査)

5.安心して住める物件環境を作る(メンテナンス)

6.退去防止の対策を取る(テナントリテンション)

 

思いつくまま、挙げてみました・・・

やるべきことは沢山ありますね。

 

1~4は、空室が発生してしまった場合の対策。

5.6は、そもそも空室を発生させない為の対策です。

 

結婚・転勤・転職など外部要因での解約は当然あるかと思いますが、1~4の対策には沢山の

経費がかかります。

 

なので、5・6をしっかりやって住み続けたいと思ってもらえる環境を維持する。

結果として、そのほうが賃貸経営が安定するということなのです。

 

よくお風呂に例えられますが、浴槽にお湯を溜めるのに、栓が抜けていてはいつまでたっても

お湯が溜まらないのと同じです。

(とは言うものの、言うは易く行うは難しです)

 

こうやって空室対策を整理するまでは、実際、僕も正直1~4にばかり目が行ってしまっていました。

これから管理をしていく自分への戒めも込めて、、5・6を実行する為には何が必要か?

日常業務の中に落とし込んで、お風呂の栓をしないといけないですね。

この記事を書いた人
田中 祐介 タナカ ユウスケ
田中 祐介
空室率が年々上昇する鹿児島市の賃貸不動産事業では、事業者(オーナー)の「経営力」の差が空室率に直結する時代が訪れました。長年に渡って培った賃貸経営管理(プロパティマネジメント)の知識と経験で全力でオーナーの経営のサポートをいたします。
arrow_upward