株式会社ツイン・ビー 賃貸事業部
10:00〜18:30
日・祝祭日
2019年02月24日
ブログ

新築賃貸マンション「ルノン西田」満室御礼!

ツイン・ビープロデュースの新築賃貸マンション「ルノン西田」がお陰様で満室となりました。

申し込みベースとはいえ、1月25日からの募集スタートから28日間でのスピード満室。建物の入居開始は3月23日ですので、オーナーも賃貸事業スタートの1ヶ月以上も前に満室経営できることに大変喜んでくださいました。

これも数多くの仲介会社さんからのご紹介の賜物です。お客様をご紹介くださり、お申し込みを下さった仲介会社さんへは感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

また、ルノン西田がこんなにも早く満室を迎えられることになった要因の一つに、実は影の立役者がいました。

モデルルームのベッドが大成功!

「田中さん!この部屋にはベッドを置いたほうが絶対良いです。」

一般的な新築賃貸マンションの完成はそのほとんどが3月。
完成してからしか内見ができないとなると、異動シーズンの商機を逃してしまいます。なので、建物が完成する前にお客様に実際の部屋を見て頂けるように施工会社さんにご協力を頂いて、1Fのフロアのみ先行して仕上げてもらい、お客様に実際の部屋を内見してもらえるようにするんです。

その仕上がった1Fを社員の大久保君と昨年の12月の末に見に行った時のことでした。
彼は、僕の前職時代の後輩。
僕が一人管理会社を立ち上げた3年前から「一緒に仕事がしたいです!」と言い続け、昨年の10月に本当に入社してきた変わり者。

「お客さんは『ここにちゃんとベッド入るのかなぁ?』って必ず悩みます。だから、最初からベッドを置いておけば、安心して選んでもらえますから。」

と、そのあまりに熱気を帯びて自信をもった声に僕は、「分かった。その通りにしよう!」と思わず即答してしまいました。

そして、3畳ほどの小さなベッドルームのある3号室タイプにモデルルームを造り、大久保君の進言通りベッドを設置して先月募集をスタートしたのでした。

上の写真のように、実際にベッドを置いて募集を開始すると、、、、、なんということでしょう!モデルルームにしたタイプが募集からわずか2週間で全て申込が入ったではありませんか。

賃貸仲介の現場で、7年もの間お客様の声を聞き続けてきた彼の現場力の力を改めて実感した出来事でした。

次に僕らは、進捗の遅かった1号室へモデルルームを移設。
するとお客さんが誘導されたのかのように今度は1号室へどんどん申し込みが入り始めたのです。

ホームステージングは生活後のイメージが掴める

当社が積極的に取り組んでいるホームステージング。

ホームステージングとは、

主に中古不動産販売用の家に家具、照明、小物やグリーンで室内を装飾することで、物件の良い印象を高め、高値売却や早期売却をサポートするサービスです。日本では、まだ認知度が低いサービスですが、中古物件市場が活発になりつつある今、注目が集まっている手法です。

今までベッドまで取り入れることは余りありませんでしたが、今回の成功を通して、改めてホームステージングの有効性に気づかされました。

お客様は部屋を内見した時に頭の中で色々なことを考えます。

「収納はちゃんと足りる?」
「ベッドはどこに置こう?」
「コンセントの位置は?」

楽しい時間でもあるのですが、どこかに心配なことがあると前に進めなくなってしまいます。

それが実際に家具がレイアウトされていることで一目瞭然となって、安心して新生活に対する夢を広げてもらえます。

条件面の取捨選択で消去法での部屋選びではなく、「ここに住みたい!」「こんな生活がしてみたい!」というコンセプトに共感して積極的に選んでもらえる商品作り。

これが、リノベーションを軸に事業を進めている当社の管理会社としての考え方です。

新築とはいえ、募集開始から1ケ月足らずで20戸の空室を満室化できたこの成功。このホームステージングは、当社にとって必要不可欠でより強化すべきツールとして再認識されました。

もう一つの新築賃貸マンション『tsugumi』も好評募集中!

当社のもう一つの新築プロジェクト、下荒田4丁目の「tsugumi」
荒田・鴨池エリアは新築賃貸マンションの激戦地です。

ライバルがひしめく中、「tsugumi」も現在まで15戸中10戸のお申し込みと順調に進捗しています。
この物件は、「単身女性が癒される空間」をコンセプトにした1Kタイプのマンション。
こちらも女性を意識してIKEA製の家具や雑貨を取り入れたモデルルームがあります。

そして明日はいよいよ、鹿児島大学の前期試験。

受験終了後には、たくさんの学生さんがお部屋探しをスタートします。
「tsugumi」のモデルルームを実際に見てもらって、「ここに住みたい!こんな生活をしたい!」って思ってくれることを期待しています。

完成1か月前に満室となった「ルノン西田」の詳細はこちら
https://twinb.co.jp/chintai/449

下荒田4丁目の女性の為の新築賃貸マンション「tsugumi」のモデルルームはこちら
https://twinb.co.jp/chintai/476/link6

 

この記事を書いた人
田中 祐介 タナカ ユウスケ
田中 祐介
空室率が年々上昇する鹿児島市の賃貸不動産事業では、事業者(オーナー)の「経営力」の差が空室率に直結する時代が訪れました。長年に渡って培った賃貸経営管理(プロパティマネジメント)の知識と経験で全力でオーナーの経営のサポートをいたします。
arrow_upward