株式会社ツイン・ビー 賃貸事業部
10:00〜18:30
日・祝祭日
2018年06月05日
ブログ

新規管理物件を受託しました!

「当社の不動産事業の理念がツイン・ビーさんのPMと正に合致したので。」


6月から新たに賃貸マンションの管理を受託しました。
今回のオーナーは、不動産事業を会社の事業の柱の1つとして取り組んでいる企業様です。

本業は、大変知名度の高い押しも押されぬ優良企業。そんな大手企業の代表が当社に管理を委託された時の言葉です。

「プロパティ・マネジメント」に共感

代表は、大変な勉強家で「プロパティ・マネジメント」という言葉はもちろん、不動産投資をしっかりとした事業経営として捉えています。

「当社の物件に入居される入居者さんにしっかりと価値提供を行って、永く快適に住んでいただきたい。そうすれば、おのずと経営も安定すると思っています。」

不動産事業に取り組むに当たり、代表は実にたくさんの書籍を購入したり、不動産セミナーに参加したりして、たくさん勉強をされたそう。宅建にも取り組み、なんと宅地建物取引士の資格も一発で取得。

そんな中、プロパティ・マネジメントという管理手法を知り、当社をネットで見つけてくださいました。僕の愛読書でもある武蔵コーポレーションの大家社長の書籍も熟読されていたことには驚きでした。

鹿児島市の賃貸市場は過熱する投資ブームと人口減少・人口流出の中、経営環境は年々厳しくなっています。そんな中だからこそ大手ではなく、「プロパティ・マネジメント」を行っている当社を事業パートナーとして選択してくださったことを大変意気に感じています。

まずは世の中に知ってもらうこと

この企業様の所有している物件にも長期空室がありました。

管理開始に当たり、5月からマーケティングを行って商品化の準備をしてきました。
1室をリフォームし、築30年とは思えないように綺麗な部屋を作りました。
ですが、繁忙期を過ぎた今でも、市場にはたくさんの空室が溢れています。

なので、まずは物件の存在を知ってもらわなくては何も進みません。
募集に先駆けて、仲介会社様向けのリフォーム内覧会を実施することにしました。

できるだけ多くの方にこの物件のことを知ってもらって、
そして気に入ってもらって、快適に永く住んでもらえるようオーナーと共に価値提供をしていきたいですね。

 新規管理物件「アリオンプラザ」の写真はこちら
https://twinb.co.jp/chintai/167/link6

 

この記事を書いた人
田中 祐介 タナカ ユウスケ
田中 祐介
分譲マンション販売営業5年、賃貸管理10年、賃貸仲介3年、18年の不動産業界で培った知識と経験が、出会ったお客様の役に立てることを何よりも嬉しく思います。
arrow_upward