株式会社ツイン・ビー 賃貸事業部
10:00〜18:30
日・祝祭日
2017年06月05日
空室対策

今さら聞けない「インターネット無料」が空室対策となる理由

今更聞けない「なぜ、インターネット無料」なのか?


常に空室対策の筆頭に挙げられる「インターネット無料」
先日、行ってきた賃貸住宅フェアでも「インターネット無料」のブースが会場の中心にひしめきあっていました。
2016年の人気設備ランキングでも単身向け・ファミリー向け供に堂々の1位です。

そもそも、なぜこんなにインターネット無料は人気があって必要とされているのでしょうか?

まずは、インターネットをどのくらいの人が利用しているのか、普及率を見てみましょう。
総務省の調査によると平成25年末の「携帯電話等」及び「パソコン」の世帯普及率は、それぞれ94.8%、81.7%となっています。
インターネット利用人口は平成25年で既に83%を越えていますので、インターネットは既に生活の一部になっていることが分かります。 

また、あなたはこんな話を聞いたことがありませんか?

「最近の若者はTVを見ない」

賃貸の顧客層である10代・20代の若者は、TVを見る時間がドンドン減っています。
その代わりに見ているものは、インターネットでの「動画コンテンツ」。

有名なのは「You tube」ですね。
また、ニュースやTVドラマ・映画などもインターネットで観ることができます。

 

 危機感を感じたとあるTV関係者が、若者に「なぜTVを見ないのか?」とたずねたところ

「TVって動画が途中から始まっちゃうじゃん」

との答えに絶句したエピソードもあるくらい。


TVというメディアは、録画という方法があるにしても基本オンタイムのメディア。
一方でインターネットは、自分の好きな時に好きなだけ観れるメディアなのです。
グラフを見ても、10代・20代はTV視聴とほぼ同じ時間をネット利用に費やしています。

若者がTVを見なくなったのは、番組(コンテンツ)は観ているが、媒体(メディア)がTVからインターネットに変わったということなのですね。
これは、スマートホンの急激な普及によって動画を視聴するユーザーが増えたことが関係しています。
TVを逆転するのも時間の問題ですね。

 

また、あなたは街を歩いていてこんなステッカーや看板をみたことはありませんか?



カフェやコンビニ、駅・空港に至るまで、今はいろいろなところで「Wi-Fi」が使えます。この「Wi-Fi」とは、無線LANのことで、電波でインターネット回線と繋がります。

鹿児島市の施設でも、天文館・アミュプラザ・山形屋などで利用できます。

パソコンやスマホの設定をすれば、街中至るところでインターネット回線を使用することができるようになりました。
これらは「公衆無線LAN」といって全て無料のサービスです。

今やインターネット無料は、当たり前の世の中になってきつつあるのです。
そんな中、自宅でインターネットを楽しもうとすれば、自分で契約をして費用を払わなければなりません。
外では無料でインターネットができるのに、自宅では毎月費用がかかるなんて・・

と、そんな入居者さんの心の声が聞こえてきませんか。

つまり、動画をスムーズに視聴するために、そして外ではネットが無料で使える環境が増えている為に「ネット付きマンションを求める声」は増えているのです。

 

 鹿児島市のネット付賃貸の導入率は?

賃貸ポータルサイト「SUUMO」で鹿児島市の単身向け賃貸空室(1R・1K)の募集状況を調べてみました。

1R・1Kの賃貸アパート・マンションの総募集戸数 11,760戸

内インターネット無料の設備がついているもの    5,175戸

導入率は約44%です。(2017年6月3日現在)

築年数別は以下のグラフの通りとなります。

 

築年数が10年までの物件は、導入率が高いものの築年数が6年から20年まではまだ30%以下。
まだまだ、導入率は低いのが現状です。
築20年を超えた物件の導入率が高くなっているのは、減価償却とローンの関係からなのでしょう。

しかし、このデータは現在空室になっているものだけのデータです。
入居中だったり、満室となっている物件も加えると、恐らく導入率はもっと高いことが想像できます。

今日、「エアコン」は空室対策でありませんよね。
同じようにSUUMOでエアコン付きの単身向けを調べてみると11,700戸
導入率はほぼ100%。エアコンは、単身向けの賃貸のお部屋には付いていて当たり前の設備です。


インターネット無料は、導入率がまだ50%に達していないので、まだ空室対策になりえるといえるでしょう。
賃貸オーナーがインターネット回線を導入するメリットはここにあります。

個人が無制限で利用できる契約を入居者個人がするとなるとおおよそ月額4,000円。
しかし、あらかじめマンションにインターネット回線が導入されていれば、入居者は無料、もしくは一部料金を家賃に織り込んだ形で利用できます。
入居者さんは割安で利用できる上に、煩わしい契約の手間も省くことができます。

一棟丸ごとインターネット無料にして、今なら既存の入居者さんから家賃の値上げも可能かもしれません。
または、退去しようと思っている入居者さんを引き止める付加価値になるかもしれません。
確実にインフラの一部となりつつある、インターネット無料設備。

当社の管理物件も全てインターネット無料で入居率は98.3%です。
当たり前の設備となってしまう前に、導入を検討してみてはいかがしょうか?

空室対策に悩んでいるあなたにお勧めのセミナーはこちら

https://twinb.co.jp/page/view/seminar

この記事を書いた人
田中 祐介 タナカ ユウスケ
田中 祐介
分譲マンション販売営業5年、賃貸管理10年、賃貸仲介3年、18年の不動産業界で培った知識と経験が、出会ったお客様の役に立てることを何よりも嬉しく思います。
arrow_upward