株式会社ツイン・ビー 賃貸事業部
10:00〜18:30
日・祝祭日
2017年01月17日
ブログ

モデルルームを見逃すな!

undefined

昨日、NHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」でリノベーションの第一人者
大島芳彦さんが出演されましたね。

不動産賃貸業界に身を置くものとして、大変勉強になりました。
「街全体をリノベーションする」「リノベーションによって人が繋がる」
すごいです!

僕にはそんな大きな仕事はできませんが、リノベーションをやろうとすれば、
物件にしっかり向き合って、物件が持つ真の価値を深堀りする作業が必要になります。
その過程自体が、とても大切なことなんだと大島さんから学ばせてもらいました。

さて、
無事に成約したサンシャイン郡元のリノベーションプロジェクト。
オーナーの追加投資が決定し、他の空き部屋も同じようにリノベーションを
することになりました。

なので、完成までの間、成約した207号室を「モデルルーム」にすることに。
写真は、現地の2階へ上がる階段の途中に掲示したモデルルームの案内看板です。

不動産賃貸は、
「来店」→「(紙面)紹介」→「内覧」→「比較・検討」→「申込」
の順番でお客様は申込まで辿り着きます。

多くの物件は、紹介の段階でふるいに掛けられ、残った3件程度の物件が「内覧」に
こぎつけるのです。

ということは、物件からお客さんを見ると、
1件の内覧に辿り着くまでには、何十人ものお客さんに紹介されているのです。
ネットの閲覧ベースだと、何百人のうちの1人なのです。

もし、サンシャイン郡元をせっかく内覧してくれたお客様がモデルルームに気づかず、
未工事の部屋だけ見て帰ってしまったら、大きなチャンスを失ってしまいます。

次の内覧にこぎつけるまでに、また何十人ものお客さんに紹介されるのを待たなくては
いけなくなるからです。
それが結果として、空室期間の長期化に繋がってしまうのです。

大島さんからすると、じみーな作業かもしれませんが、まずは確実に
「見てもらう」こと。この積み重ねだと思っています。

現在、募集中のサンシャイン郡元の物件情報はこちら

この記事を書いた人
田中 祐介 タナカ ユウスケ
田中 祐介
分譲マンション販売営業5年、賃貸管理10年、賃貸仲介3年、18年の不動産業界で培った知識と経験が、出会ったお客様の役に立てることを何よりも嬉しく思います。
arrow_upward