株式会社ツイン・ビー 賃貸事業部
10:00〜18:30
日・祝祭日
2016年09月20日
不動産投資・節税

株式投資と不動産投資の違いって②?

少し思い出してみてください。

 

あなたが生まれ育った家を・・・

不安と期待に溢れて、初めて一人暮らしした家を・・・

初めて彼女(彼氏)と一緒に過した甘い思い出の詰まった家を・・・

一生のパートナーとして誓い合った新婚時代を過した家を・・・

初めての子供が産声を上げ、守るべきものができた時に過した家を・・・

 

思い出せなかった家はひとつでもありましたか?たぶん、全部覚えていますよね?

人生の転機を過した家を忘れる人はいないと思います。

当たり前ですが、人の一生の土台には必ず家があります。

 

僕は、幼少から高校に上がるまで、家族5人で小さなアパートに住んでいました。

高校生のとき、そのアパートが取り壊されることになり、その様子を間近で見ていました。

過した家が壊されるのを見て、思い出まで一緒になくなってしまうような気持ちがしました。

 

題名と全く関係のない話に見えますが、

様々な投資と不動産投資との一番の違いは、直接的にお客さんの人生の一部を担うことが

できるところにあるんじゃないでしょうか?

 

僕は不動産投資は、「住まい」という人の一生の土台を提供する立派な事業だと思っています。

株式投資は、議決権が与えられ間接的に事業に参加することができますが、直接的に経営することは

ありません。

 

一方、不動産投資は、「投資+事業経営」という二つが必要になります。

あなたが、投資をして事業経営を行うことで、そこで暮らす人々の人生の土台を担うんです。

 

あなたが思い出してくれたように、何十人・何百人という人達の人生の転機で過した家が、

あなたが投資した物件になるんです。

これって、立派な事業であり、大きな社会貢献ではないですか?

 

不動産投資=不労所得と見られがちですが、賃貸事業は、社会的な貢献度の高い立派な事業です。

僕は、これが他の投資と不動産投資が一番違う部分だと思います。

この記事を書いた人
田中 祐介 タナカ ユウスケ
田中 祐介
空室率が年々上昇する鹿児島市の賃貸不動産事業では、事業者(オーナー)の「経営力」の差が空室率に直結する時代が訪れました。長年に渡って培った賃貸経営管理(プロパティマネジメント)の知識と経験で全力でオーナーの経営のサポートをいたします。
arrow_upward